day16. 朝の海と「AKIRA」

コンビニ 那覇に1ヶ月暮らしてみた

こんにちは、

那覇生活16日目です。

今日は11時からバイトですが、その前に!

朝6時50分のバスに乗って、お出かけです。

玄関

ゲストハウスの朝。

目の前はコンビニ。

裏側ってところが良き。表だとうるさそう。笑

 

どこにお出かけするかと言うと。

海

海! :)

コンビニ

バスに乗る前に、コンビニで朝食を買いました。

コンビニ飯やめたいけど..

ゲストハウスのキッチン、朝7:30からしか使えないんです,,

海

朝の海を眺めながら朝食。静かです。

陽の光も強すぎず、あったかい。

風も気持ち良い。

 

私の他にも地元の人たちが何人か、まったり座りながら話していました。

沖縄の人は本当に海好きね ^ ^

海

 

ところで、漫画「AKIRA」がオリンピック2020の開催とその延期(中止)を予言していたと、一時話題になっていましたよね。

読んだことがないので、一度読んでみたいと思っていたんですが、Netflixでアニメ版を見つけたので観てみました。

 

正直、ストーリーの設定とか流れは、よく分からなかったです^^;

でも古い昭和な感じで、アニメ好きじゃない私でも良いなぁと思う作品でした。

ストーリーや各シーンに謎が多くて、観る人の解釈に委ねてるようなところが良いです。

そういう所はジブリの作品と類似しているかもしれません。

ジブリの作品も、あえて多くは語らず、観る人の解釈に委ねるというようなのが多いですよね。

(自粛中家ではジブリ祭りでしたw)

 

映画やアニメを観て思うのですが、悪役とヒーローがはっきりしている映画やアニメが多い。

現実には人間はそんなはっきり悪と善に分かれているわけでなく、

良いところも悪いところもあるのが、人間ですよね。

 

それを分かりやすく悪と善にはめてしまうのは、なんか違うなぁと思います,,

悪いだけの人間なんてこの世にはいなくて、ただ悪い面が出てしまっているだけ。

みんなどっちも持っているし、究極悪も善も同じものなんじゃないでしょうか。

 

(日本昔話とかで悪役とヒーローがはっきりしているのは、また別の話です。
あれはおそらく、何かの擬人化か象徴だそうです)

 

AKIRAやジブリはどちらかと言うと、「人間らしさ」が描かれているような気がします。

悪役にもなんだか親近感があったり。ああこの人にもこういう事情があるんだなぁとか。笑

単純な「悪と善の戦い」ではないですよね。

それから、登場人物それぞれのちょっとした動きや話し方が「人間らしい」です。

人間味。最近のアニメにはあまり無いかもしれません。

 

ところで、7月から開催される予定だったオリンピックは、来年2021年の7月まで延期になりましたが、1年後本当に開催されるんでしょうか。笑

中止だ中止

アニメAKIRAから

「中止だ中止」の声が聞こえてきそうです。

 

AKIRAの中の2019年は、私たちが生きている2019年や2020年とは少し違いますが、

国の「状態」はかなり似ているなと思いました。

アニメの中でこんなセリフがあります。

 

「変わるぞ、ネオ東京は。

 あらゆる面でこの街は飽和状態にある。熟しすぎた果実じゃ。中に新しい種を宿したな。

 あとは果実を落としてくれる風を待てば良いのじゃ」

 

作品の中では、「風」はアキラなのですが、

私たちにとっては「コロナ」かもしれません。

それとも自然災害か。

とにかく、今がなにか節目の時期だと言うことは、多くの人が感じていることだと思います。

熟した果実は風で落ち、新しい花が咲いて実るのでしょう。

どんな方向に変わっても、受け入れて楽しんで生きていければ良いなと思います :)

 

AKIRA、いろんな意味で面白かったので、漫画もいつか読んでみたい..

アニメはNetflixで観れるので、観てない方はぜひ観てみてくださいね^ ^

 


高校生ランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました