day7. 意識していること。

海 那覇に1ヶ月暮らしてみた

こんにちは。

那覇生活7日目です。

 

今日はふたつ目のバイトの面接日です。

1つ目のバイト決まってから結構空いちゃった、、

海

ふたつ目のバイト先は、中心地から少し離れた海のそばにあります。

遠くに見える船で、去年のマルタ生活を思い出しました..

マルタはヨットが多かったな。

あれが一年前なんて信じられません、^^;

もう一年前。まだ一年前。笑

 

面接地までのバスが無さすぎて、タクシーを使って行ったら、1000円超えてビビりましたTT

日本のタクシーは高いTT

 

面接は、担当者さんがマニュアルを見ながら進めてくれて、20分くらいで終わりました。

来週から働けるようにシフト入れてくれて、有難いです : )

遅くなったけど、無事に2つ目のバイトも決まって良かった..

海

帰り際、海の前で女子中生が青春してました… ^ ^

歳は近いけど、自分は随分違う世界にいるなあ

 

話が変わりますが(急)。

面接にいく前にサラダを食べました。

ごぼうと若鶏、レタスも入ったGreen gourmet(グリーングルメ)のサラダです。

サラダ

周りで食べている人は、携帯を見ながら食べる人が多かったのですが、

私は最近、食事中は食事に集中するように気をつけています。

理由は3つあります。

 

1つ目は、食べものをしっかり目で見ないと、脳が食べたと認識せず、本来の満足感や効果も得られないから。

これは、ダイエットとかでよく言われるかと思います。

「ながら食事」をしていると満足感が得られないので、食べ過ぎたり、すぐにお腹が空いておやつを食べたくなってしまうそうです。

うん。私集中して食事してもお菓子食べたくなるけど^ ^ なんで^ ^

 

2つ目は、感謝の気持ち。

日本の「いただきます」「ごちそうさまでした」の文化って素敵ですよね。

海外ではみんなボナペティって言ってたけど、それはまたなんか違う。

 

特に「いただきます」は料理を作ってくれた人、食材を育ててくれた人、食材そのもの、食材を与えてくれる神、与えてくれたすべての人への言葉だと思うのです。

 

「穀(たなつもの) 百(もも)の木草も天照す 日の大神の 恵み得てこそ」

この和歌も好きです。本居宣長の歌。

いただきますの歴史は長くないそうですが(昭和?くらい)、いただきますを定着させたのは、日本人の中にある大和魂なのでしょう。宣長の歌からもそう感じます。

食事を作ってくれる人もいなく、自分で稼いで生活していると、特に一回一回の食事のありがたみを実感します。 

 

3つ目は、2つ目と繋がっていますが、感謝をすることで得られるものががたくさんあるからです ^ ^

例えばお金が増えたりね(

なんてこと言うと誤解が生まれるかもしれませんが。

 

なんとなく適当に生きているよりは、1つ1つ意識して感謝する生き方が素敵だなと思います。

そして、そういう気持ちを持っていると、自然と楽しいこと、嬉しいことが増える気がするんです。

綺麗で美しいものを持っている人には、自然と綺麗で美しいものが集まります。

だから、身の回りは物も心も整理していたい。

 

お金も同じです、

私のもとに来てくれてありがとう、おかげでご飯を買えました、また来てね。

こうやってお金にも感謝して、お金の流れも綺麗にします。

お金がまた戻ってきたくなるように、お財布も綺麗に整理しておきます。

お金は本来、それ自体に価値があるのではなく、価値のある物を得るためのツールだということも、意識しています。

 

まあ人間なので、部屋が散らかっている時もあります。

靴が揃ってない時も、だらだらするだけの休日もあります。

でもそれも意識してるか、していないかで大分違うんじゃないでしょうか。

 

というわけで。

7日目は一日中外にいて、少し忙しかったですが。

ふたつ目のバイトが決まったことに感謝。

今日も1日、ありがとうござました。

 

 


高校生ランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 女子高校生へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました