食べ歩き!渋温泉のお菓子屋さん4選

湯田中・志賀高原
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べ歩き!渋温泉グルメ

湯田中温泉街「渋温泉」での一泊二日旅最終日は、ぶらぶら食べ歩きをしてきました〜

行ったお店をいくつかご紹介します^ ^

 

小古井菓子店

まずは噂のうずまきパンのお店「小古井菓子店」。

ここのマーガリンとカスタードの使われた「うずまきパン(130円)」は、地元の方にも観光客にも大人気だそうです。

温泉まんじゅうも出来立てだったので、購入しました^ ^

パンは温めてもらえます。

温めると中のマーガリンがとけ、香りもよくなりますよ〜

店内には他にも、こんな昭和感溢れるラムネや、

可愛いお猿さんの金太郎飴も売ってました!

小古井菓子店

営業時間:8:00~20:00
定休日:毎月第3水曜日、元日
住所:〒381-0401  長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2114
電話番号:0269-33-3288

 

御菓子処 わかたけ

お次は小さなお菓子屋さん「わかたけ」。

友達は「くるみショコラ(左)」私は「イヴのほっぺ(右)」を購入しました。

お値段はどちらも130円。

「イヴのほっぺ」はりんごパイです! 名前が可愛い^ ^

しっとりしたパイ生地にりんごがとっても合い、美味しかったです。

わかたけ

営業時間:9:00~19:00
定休日:不定休
住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2279-8
電話番号:0269-33-3874

 

ジェラートとおみやげの店 若葉屋

お次は地元の食材を使ったジェラートで有名な「若葉屋」です。

購入したのは、白桃とほうじ茶(左)とほうじ茶と抹茶(右)。

シングルは350円、ダブルで400円です。

白桃は期間限定でした^ ^

店内には食べるスペースもあります。

「はやそばもち(60円)」という御菓子も気になったので購入してみました!

お蕎麦のお餅に、信州味噌やゴマだれを包んだものです。加えて「湯めぐりもち」は抹茶、なめ茸味があります。

とっても小さい一口サイズのお餅です笑

店内はお土産用のお菓子もたくさん売ってます〜

 

若葉屋

営業時間:9:00~21:00
定休日:不定休
住所:〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2184
電話番号:0269-33-3305

 

松本製菓

続いては「松本製菓」。

温泉まんじゅう「胡麻そば」をいただきました!

若葉屋のすぐ目の前にあるお店。

味のある店内です〜

松本製菓

営業時間:7時~22時
定休日:不定休
住所:〒381-0401 山ノ内町平穏2185-2
電話番号:0269-33-2342

 

 

番外編!岡山名物「清水屋」の生クリームパン

 

ぶらぶらしていると、「生クリームパン」とやらを歩いて売っているお姉さんを発見。

テレビで紹介されました!の文字に惹かれて買ってしまいました^^;

岡山の清水屋の「生クリームパン」がガレージコーヒーとコラボしているそうです。

 

ふわふわの白いパンに生クリームがたっぷり入っていて美味しかったです!

 

清水屋公式HP

 

まとめ

渋温泉にはいくつものお菓子屋さんがあります。

温泉まんじゅうはお店によって少しづつ違う特徴があるので、食べ比べてみるのがおすすめですよ。

お土産に持って帰りたい!という方には、「いとをかし箱」という、お菓子箱もおすすめ。

中が9つに仕切られていて、自分の好きなお菓子を組み合わせて入れることが出来ます!

いとをかし箱(400円)は旅館やお菓子屋さんで購入できます。

 

九湯めぐりと共に、九糖めぐりもぜひしてみて下さいね:)

 

 

 


高校生ランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました