【日本と海外】コロナへの対策で思うこと

桜 時事
桜

taesus.com

 

おはようございます^ ^

今回はコロナに関して思うことがあったので、
いつもの旅日記とは違う記事を書いてみることにしました。

武漢で爆発的に広がったころ、
日本は最初に中国の次に感染者数の多い国になりましたよね。

プリンセス号のことなど、日本政府の対策が
国内でも世界でも批判を受けました。

コロナウィルスは現在ヨーロッパが中心に広がっていて、
アメリカやカナダでもかなりすごいことになっていますね。

そしてこんな現状のなか気になることが1つ。

たくさんの国が入国規制や空港封鎖などしてる中で、
海外に行けなくなった人たちが

”国内に旅行先を変更する”

または世界中大混乱に陥ってるにも関わらず、
そのまま予定を変えずに、

”海外旅行してウィルスに感染し、帰国する”

といった事がありましたよね。

 

 

ところで日本は国民が国を治める民主主義国家です。

なので、政府が禁止してないから旅行しても大丈夫と外出し、
問題があった時にすべて政治家の発言任せ、政治家のせい
するのはそもそもおかしいんじゃないでしょうか。

国が禁止していなくても、他人に迷惑かかる事は
わかりますし、問題視された時その行動が政府の
せいになるのも分かります。

※ニュースに上がった人を非難しているわけではなく、
例として書かせていただきました。
ニュースに出ていないですが、
私の周りにはこういった方が少なからずいるので。

禁止にせず自粛という形を政府がとっているうちに、
みんながそれぞれ自分の行動に責任を持って行動す
るべきだと思うんですよね、
そうじゃなかったら独裁政治国家のように、
なんでも政府が強制的にするようになってしまう。

正直そうじゃないと従わない人間が多いところも
ありますよね、

海外ではそんなこともあって強制的なことが多い
のだと思いますが、日本人はそもそもみんなが
自然にルールを守ることが出来る性質がある気がします。
譲り合いやもてなしの精神と言うんでしょうか。

ただ日本も更に感染が拡大すると、
このままじゃ無理ですよね。

海外の友達からも、日本でまだみんなが普通に
生活していることがありえない、とか、
呑気すぎるとか言われます、
私はこれは良くも悪くも日本人の特性だと
思うんですよね、、笑

フランスの友人もドイツの友人も、自国は店もほとんど
閉まっていて学校も休みだと連絡してきました。
日本の様子を伝えるとびっくりしていました^^;

特に私の住んでいる地域では、
コロナの影響は今のところ少ないです。

一度は閉まった学校も施設も始まりました
(卒業式などは短縮など影響ありましたが)。

店や通りに関しても普段通りです、
マスクする人をちらほら見かけるくらい。

それでも油断するなとたくさんの人に言われました、
いつ武漢やイタリアのようになるかわかりません。

だからこそ、自分の発言と行動を一致させて。
他人のことも考えて行動したいですね。

 

これからは様々なことがどんどん変わっていきますが、
変化にうまく順応して、生きていくしかないんじゃないか
と思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ご意見やご指摘ありましたら、お問い合わせからどうぞ^ ^

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました