コルマールでもモネ鑑賞【美術館】

ウンターリンデン美術館 コルマール フランス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウンターリンデン美術館

ウンターリンデン美術館 コルマール

taesus.com

コルマールにあるウンターリンデン美術館は、アルザス地方でもっとも訪問者が多いと言われる美術館です。

建物は13世紀のドミニコ会修道院であり、考古学品からモダンアート作品まで、幅広い年代の豊富なコレクションが展示されています。

コルマール 美術館

taesus.com

コルマール観光1日目は、天気が悪く凍りつくほどの寒さだったので、街散策は諦め美術館へやってきました。

写真は美術館の裏側です。こちら側は劇場?のようでした。

ウンターリンデン美術館

taesus.com

入り口はこちらです。

開館時間は9:00~18:00です。チケットは12~17歳と30歳以下の学生は8ユーロでした。

イーゼンハイム祭壇画

taesus.com

ウンターリンデン美術館の目玉は、こちらの「イーゼンハイム祭壇画」(マティアス・グリューネヴァルトとニコラウス)です。

イーゼンハイム祭壇画 コルマール

taesus.com

全部で三つあり、裏側にも絵が描かれているので、忘れずに見てみてください^ ^

モネ 日没 コルマール

taesus.com

こちらはモネの「日没の谷のクルーズ」です。

本当にモネが描く水は生きているようです。

それなのに近くで見ると、絵の具が塗り重なってるだけなのが、不思議になりますよね。

ギュスターヴ・ドレ 油彩

taesus.com

こちらはギュスターヴ・ドレの「トビアスと天使」です。

トビアスの話は、失明したトビトが、息子であるトビアに借金の回収に行かせ、

青年に扮した大天使ラファエルに守られながら、トビアが旅をする話です。

旅中トビアはサラと出会い、悪魔に打ち勝って結婚をします。

そうして無事に帰った一行は、トビトの目を直し、大天使ラファエルは正体を告げ去っていきます。

この絵はラファエルが去っていく絵でしょうか。

青い空に白く描かれた姿が映えていて、神々しいですね^ ^

日本の芸術作品 コルマール

taesus.com

日本の刀や鍔もありました。

コルマールで見ると、西洋美術と東洋美術の違いが浮き彫りになりますね。

日本の伝統工芸はとても繊細で(もちろん西洋美術も繊細ですが)、不思議です。

ベルクハイムの祭壇画 コルマール

taesus.com

ヴァイト・ワーグナーの「ベルクハイムの祭壇画」です。

上部の装飾がとても細かいですね、16世紀の作品です。

近代アート

taesus.com

階段を上がって上にいくと、近代的なアートもありました。

モダンアート コルマール

taesus.com

モダンアートやコンテンポラリーアートは、怖いと感じるものが多いですが、

中には優しい印象を受けるものもあります。

モダンアート コルマール

taesus.com

色合いが柔らかいものが好きです^ ^

螺旋階段 コルマール

taesus.com

ちなみに階段も螺旋でおしゃれです。

受胎告知 コルマール

taesus.com

中庭に出て、一番初めに紹介したイーゼンハイムの祭壇画がある修道院の方には、宗教画がたくさんあります。

神がイエスをマリアのもとに送り、大天使ガブリエルがそれをマリアに告げている場面、受胎告知です。

ガブリエルの翼が孔雀のようで、独特ですね。

受胎告知 コルマール

taesus.com

こちらのガブリエルも独特な翼を持ってます。

お腹に宿る前のイエスが、マリアに向かって飛んでくるのが描かれていますね。

受胎告知 コルマール

taesus.com

こちらのガブリエルは、天使らしい翼です^ ^

ウンターリンデン美術館

taesus.com

太陽を中心に春夏秋冬が描かれている絵です。

絵の他にも、地下には彫刻や考古学品、修道院二階には陶磁器や装飾品がありました。

ロザリオ コルマール

taesus.com

ゲーム コルマール 美術館

taesus.com

ウンターリンデン美術館

taesus.com

ウンターリンデン美術館

taesus.com

ウンターリンデン美術館

taesus.com

閉館間近なので、ほとんど人がいません。

暗い廊下もかなり不気味でした笑

コルマール 夜の街

taesus.com

夜のコルマールをアパートまで帰ります。

魔女でも出てきそうな景色です^ ^

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました