ヴェネツィア1日目。とりあえず歩いて全部行く

ホステル イタリア

ヴェネツィア観光1日目!

今日はとりあえず、観光スポットに片っ端から行ってみることに。

ホステル

taesus.com

昨夜着いた時は分からなかったけど、この宿めっちゃ可愛い!

右のキャンバスはゲストが好きにお礼の絵を描けるようになってて、絵の具もちゃんと
置いてあるんです。時間あったら描きたいな。

路地

taesus.com

9:30 出発  狭い路地を通って、まずはサンマルコ広場に向かいます。

サン・マルコ広場

taesus.com

9:50  ここがサン・マルコ広場、着いた瞬間わーおってなった : )

真ん中のサン・マルコ寺院がすごい。遠目でみると朝日のせいか光っていて、神聖な雰囲気。

サン・マルコ寺院

taesus.com

近くでみると豪華さがよく分かります。入ろ〜て思って並んだら、荷物預けてきてって言われて、預けに行って戻ったら入場料払わなきゃで、お財布が荷物の中だったから戻るの面倒臭いな〜と思ってやめました(
後で入ることにします。

港

taesus.com

 荷物は預けたまま、海の方へ。

向こう岸に見えてるのはサン・ジョルジョ・マッジョーレ島です。

橋

taesus.com

10:15  海辺にある橋からは「ため息橋」が見えますよ。

この橋は牢獄と王宮をつなぐ橋で、橋からの眺めが綺麗で囚人がため息をついたから、そう呼ばれてるらしいです。 橋の下で日没にキスをすると永遠に結ばれるって言われてるんですって^ ^

広場

taesus.com

時計

taesus.com

10:23  広場の方に戻ります。

時計が素敵でしょ ^ ^

この時計塔は1499年に建てられたもので、
制作を担当したジャンパオロ・ラニエリと息子は、この塔に移住して住み込みで時計の面倒をみてたそう。

鳩と男の子

taesus.com

サン・マルコ寺院の横にある噴水で男の子が鳩を追いかけてた^ ^

レース

taesus.com

路地に入るとお土産やさんがたくさんあるんだけど、このレースが可愛くてお土産に買っていこうか迷う、、

とりあえず保留! 預けてた荷物を受け取りに行きます。

お金

taesus.com

広場に両替できるとこがあったので、

持っていたイギリスポンドとハンガリーのフォリントを両替。

多分合計で800円くらい、、笑

カフェ

taesus.com

10:30   広場の反対側には、Cafe Florianっていうカフェがありました。

このカフェは1720年に創業された世界最古のカフェと言われており、

歴史に名を残す著名人たちがたくさん来ていて、モネ、ワーグナー、ニーチェ、ゲーテ、
カサノヴァ、そのほかにもたくさんの人が来たそうです。

ゲーテといえばベートーヴェンの「五月の歌」が私の中で不動の1位なんだぁ。

ゲーテの詩とピアノのあの軽やかな曲調がとても素敵 : )

さすがに敷居が高すぎて今回は入れなかったけど、今度来たら絶対入ります笑

チケット

taesus.com

10:35   広場のちょうどサン・マルコ寺院の向かいにあるコッレール博物館へ。

チケットはドゥカーレ宮殿との共通チケットで、デザインが可愛い。

受付のお兄さんは日本が好きで、今年も日本に旅行行くって言ってた〜笑

窓

taesus.com

併設されてるカフェから見える広場がまた素敵すぎて、、(;_;)

美術館

taesus.com

コッレール博物館はオーストリアの王族も住んだことのある建物だそう。

豪華な内装の部屋や、展示室には膨大なコレクションがありました!

美術館

taesus.com

美術館

taesus.com

美術館

taesus.com

美術館

taesus.com

チケットは普通の美術館に比べたら高いけど、展示物が想像してたより多くて逆に安く
感じた、、。

写真にはないけど展示物以外に天井画もとても素敵でした。

また行きたいな。

窓

taesus.com

窓からの景色が大好き^ ^

博物館を出て、せっかく共通チケットなのでドゥカーレ宮殿に向かいます。

王宮

taesus.com

王宮

taesus.com

12:20   ドゥカーレ宮殿は、豪華な部屋や絵画から地下には監獄まであった。

監獄は怖すぎて駆け足で見た、、、^^;

宮殿を出たあとはリアルト橋を目指して歩く。

仮面

taesus.com

ヴェネツィアにはいたるところに仮面のお店があります。

仮面のカーニバルが2月にあるんだそう。来るの1ヶ月早かったな笑

リアルド橋

taesus.com

13:45   リアルト橋。 

この橋は16世紀ので、ヴェネツィア共和国はこの橋のデザインを一般で募集したんだとか。

それにはミケランジェロも参加したけど、天才ミケランジェロを抑えて採用されたのは、この
アントニオ・ダ・ポンテのデザイン。

リアルド橋

taesus.com

橋は大きくて、橋の上にお店がある^ ^

橋を渡って別の美術館に向います〜

ベネチアの街

taesus.com

ベネチアの街

taesus.com

ベネチアの街

taesus.com

ちょうど西日が綺麗な時間で良いお散歩だった。

行こうとした美術館が閉まっていたので、もう1つの美術館に向かうことに。

今日は第一日曜日なので、イタリアでは無料になる美術館が多いです。

ベネチアの街

taesus.com

ベネチアの街

taesus.com

洗濯物が生活感あって良いでしょ、^ ^

ベネチアの街

taesus.com

白い壁に映る影、綺麗。

大きな橋を渡って、ベネチア唯一の鉄道駅近くに行くとスーツケースを持つ人がたくさんいて、マクドナルドとかもありました笑

14:45   その通りの路地に入って、ちょっと分かりづらかったけどカ・ドーロ(ジョルジョ・フランケッティ美術館)を見つけて入りました。チケットは日曜で無料だったけど、日曜じゃなくても17歳だから無料だったかも。

美術館の階段

taesus.com

古い壁画とかあって良かったです。この階段が個人的に好きだったんだけど、写真だと
あまり魅力が伝わらないかな、、?

美術館

taesus.com

中庭の床のモザイクも素敵でした。

美術館から出たあとはサン・マルコ広場の方へ、アカデミア美術館目指して歩きます。

美術館

taesus.com

15:50   アカデミア美術館前はすごい行列で、営業時間を確認すると19:15までやってたので
夜になればもっと空くかな〜と後で来ることに。

日が暮れる前にサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会に行こうと思い向かいます。

教会

taesus.com

16:00   イタリアの教会に入るのはこれが初めてだけど、中は想像してたよりはどっちかって
いうと質素な感じ? 

西日が差して綺麗。

中では音楽が鳴ってて、人もたくさんいました。

橋の上から

taesus.com

疲れたので一度宿に帰ることにします〜

写真は昨夜到着した時に苦労した橋からの眺め。

見えてる教会がさっき行ったサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会です。

橋の上から

taesus.com

一休みしてから美術館に向かった時の橋からの眺め。

ブダペストのキラキラした感じとはまた違う、静かな夕暮れ。

美術館

taesus.com

17:10   アカデミア美術館もチケットは無料でした。第一日曜日だったからかな?

上の絵はすごく昔の(確か16世紀くらい?)サン・マルコ広場の絵なんだけど、この時代から建物は同じなのに、人の服装とかは全然違くて不思議。すごく不思議。

美術館

taesus.com

歩き疲れちゃったので(

1時間くらいしかいなかったですが、すごく良かった。

最後に夜のサン・マルコ広場を見たくてちょっと歩いて行ってみることに。

サンマルコ広場

taesus.com

人があんまりいなかったです〜

今日の観光はこれで終わり。

ショーウィンドウ

taesus.com

宿近くのお店。いつも閉まっててすっごく怪しい、物語に出てきそうな雰囲気のお店笑

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました