世界遺産から見る朝日 グエル公園

グエル公園 スペイン
スポンサーリンク

グエル公園

 

あれはいつだったか、

テレビの旅番組でバルセロナのグエル公園が映っていました。

カラフルなモザイクの異国感溢れるグエル公園を見て、行ってみたいな〜って思って。

小説で知ったガウディの名前や、漫画で知ったサグラダ・ファミリアのある「バルセロナ」は、いつか行きたい場所のトップに入っていました。

そんなグエル公園に行ってきました。

 

波のベンチ

グエル公園

エデンの園でイブをそそのかす蛇をモチーフにしたと言われる、通称「波のベンチ」。

グエル公園を知らない人でも、このベンチは知っていると言うくらい有名で、世界一長いベンチに認定されているそうです。

グエル公園

カラフルで飽きないこのベンチの模様には、神話や宗教、伝説にまつわるモチーフが散りばめられているそうです。

またグエル公園内には、カタルーニャ人であることを誇りに思っていたガウディによって、カタルーニャを象徴するデザインも多く隠されているそうです。
グエル邸にもありましたね。 

一味違うガウディの魅力 グエル邸

グエル公園

このベンチの特徴である曲線は、同じベンチでも座るとプライベートな遮りができ、いろんな人が気兼ねなく使えるようになっているんだとか。

確かにそばに座っていても、くねくねしているので場所によっては見えないです。

グエル公園

しかし、グエル公園といったらこのベンチというほど有名ですが、実はこのベンチはガウディの作品ではありません。

グエル公園

ガウディの作品の多くに関わっている、ジョセップ・マリア・ジュジョールの作品です。

グエル公園

曲線に合わせるためにタイルを砕いて使うこの技法は、トランカディスと言われるガウディ建築独特の方法です。

 

お菓子の家

グエル公園

階段をおりていくと、正面入り口が見えます。

両脇にはお菓子の家のような、門番の家と管理人の家。

見た瞬間にヘンゼルとグレーテルのお菓子の家が浮かぶ、可愛いデザインです笑

後で調べると、画家のダリもお菓子の家と言ったことで有名だそうです。

グエル公園

雰囲気がディズニーランドみたい、、

と思ったら案の定、ウォルト・ディズニーがこの公園に影響を受けたという話もあるそうです。

グエル公園

全て模様の違うトランカディスの壁。

グエル公園

どこから見ても十字架に見えるように工夫された塔を持つ、管理人の家。

グエル公園

窓が可愛すぎる門番の家です。

グエル公園

門番の家は歴史博物館、管理人の塔はお土産やさんになっています。

グエル公園

管理人の塔の裏側(外側)のPark Guellの文字。

グエル公園

振り返ると波のベンチと、その下の列柱ホールが見えます。

ホールの部分だけ見ると、どこかローマやギリシャの建物にも似ている気がします。

階段の途中には、

グエル公園

サンショウウオ(サラマンダー)、またはトカゲとも言われるこの公園のアイドルがいます。

グエル公園

波のベンチの下にあるこの列柱ホールは、市場になる予定だったそうです。

私が行った時(2020年1月)は工事中でしたが、天井の四季を表しているモザイクなどの美しい装飾は見れました。

 

グエル公園の景色

グエル公園からは、バルセロナの美しい地中海と街全体が見渡せます。

写真中央に写っているもの、何か分かりますか? ^ ^

工事中のサグラダ・ファミリアです。

カサ・ミラの時も思いましたが、自分の手掛けたものがこんなに街中にあるなんて、どんな気持ちだったんでしょうか。

街の景色を作ってると行っても過言ではないですからね。

後ろ側には山も見えます。

 

 

グエル公園の階段

グエル公園は、地図を見ないで歩いていると、抜け道のような道や階段があって楽しいです。

葉との合作^ ^

自然とうまく調和しているのが、さすが自然主義者ガウディです(多分勝手に生えてきただけ)。

グエル公園

メインテラスへの階段です。この右側のスペースには、綺麗に手入れされた庭があります。

 

カルバリーの丘

グエル公園

カルバリーの丘は、三つの十字架のある石の丘です。

二つの十字架は南北東西、もう一つは空を差しています。

カルバリーとはラテン語で「頭蓋骨」を意味し、キリストが磔にされたゴルゴダの丘と同意だそうです。

 

グエル公園の鳥

鳩 グエル公園

ガウディは鳥用に作ったのでしょうか、

グエル公園

回廊の窪みにたくさんの鳩がいました。

グエル公園は当初、庭園住宅地として60軒ほどの家が作られる予定でしたが、ガウディは鳩の集合住宅も作ったんでしょうか^ ^

グエル公園

桜をついばむオキナインコもいました。

桜 グエル公園

1月に桜!

グエル公園では様々な野生の鳥が生息しているそうです。

 

グエル公園の石

グエル公園

グエル公園では石で作られた建築物がたくさんあります。

グエル公園

柱のデザインは木をモチーフに作られ、自然の景色と調和しています。

グエル公園

石は公園を作る際に採掘された石を使っているとか。

 

グエル公園とデザイン

公園の外壁を飾るGuellの文字。

Parkの文字。全て違うデザインなので、見ていると面白いですよ。

ちょっとした門にもデザイン性の高さが目立ちます。

 

公園内の小学校

グエル公園

朝、小学校に向かう男の子と、手を繋いで送るお父さん。

グエル公園にあるこの建物は、グエル伯がこの敷地を買った当初からある建物で、ガウディが改装したあとグエル伯の住居となりました。

現在は市立小学校なんだそうです。

 

朝一でいくグエル公園

写真でお気づきかもしれませんが、今回は朝一で行ってきました。

グエル公園はオープンの8:30より前に行くと無料で入ることができます。

(8:30以降の入場は10ユーロかかります)

入ってしまえば何時間でもいられるので、おすすめですよ。

人も少ないので写真も撮りやすいです。

世界遺産から朝日を拝むのも悪くないです^ ^

グエル公園

朝一のデメリットとして、バスなどの治安があまり良くないと言われていますが、それほど悪くなかったです。といっても、パリのホームレスだらけのバスターミナルで夜明かしする高校生なので、あてにしないでください。感覚がおかしくなってるかもしれません。()

夜は危ないかもしれませんが、朝8:00ごろはもう会社に行く人たちもいますし、大丈夫だと思います。

 

まとめ

グエル公園

最初に、グエル公園にずっと行ってみたかったと言う話を書きましたが、実際に行ってみると、思っていたのと全然違う公園でした。

あの時みたテレビの映像の街にいることに、全く実感がわきません。

こんなところだったのか〜って感じです(

まあ、あるあるでしょうか。

 

グエル公園のあとは、ガウディの師でありライバルであるモンタネールの、サン・パウ病院へ歩いて行きます!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました