一味違うガウディの魅力 グエル邸

グエル邸 ステンドグラス スペイン

グエル邸

グエル邸は、ガウディが30代の頃に建設したエウセビ・グエル伯の邸宅です。
カサ・ミラやグエル公園とは一味違った、それでもガウディの創造性の豊かさがよく分かる比較的初期の作品です。

ステンドグラス

グエル邸 ステンドグラス

上の写真はグエル邸三階にある部屋です。ステンドグラスに描かれているのは、シェイクスピアの作品で有名なハムレットとマクベス。グエル伯はシェイクスピアを好んでいたそう。

ステンドグラス グエル邸

こちらは正面玄関の階段を登ったところにあるステンドグラスです。

ガウディはカタルーニャ州の旗をイメージしたそうです。
バルセロナ生まれの伯爵は、カタルーニャ人としての誇りがあったのでしょう。
今でもカタルーニャ地方の人は、誇りを持って生きているように感じますね。

グエル邸 ステンドグラス

こちらは渡り廊下にあるステンドグラス。グエル氏の両親の邸宅へと繋がる渡り廊下だそうです。

どこか後年の作品にもみられる、ガウディの世界観が滲み出ているステンドグラスですね。
カラフルでとても可愛いです。

正面玄関

グエル邸 入り口

正面玄関の扉の細工は、ガウディが提案したデザイン案からグエル伯自ら選んだそうです。

左はE、右はGと、グエル伯のイニシャルがデザインされています。

中央の鷲は、グエル伯の実業家、政治家としての成功を物語っているように感じますね。

グエル邸 格子

扉は間近で見るとこのような感じです。

一見シンプルに見えて、とても凝ったデザインなのがわかります。

階段

グエル邸 階段

正面玄関から中二階へと続く階段です。

カサ・バトリョなどの遊び心に溢れたデザインとはまた違い、気品や厳格さが感じられます。

グエル邸 階段

こちらは、中二階からさらに二階へと上がっていく階段です。

中二階へ入る扉は木組みに花の彫られた鉄でできていて、重厚感のある立派な扉でした。

グエル邸 階段

屋上へと続く階段も、上のものに比べると質素ですが、手すりのデザインが凝っていて素敵です。

屋上

屋上 グエル邸

ガウディといえばやっぱり煙突が独特ですね。

グエル邸は冬は寒く、たくさんの暖炉を必要としたそうです。

屋上 グエル邸

木が生えているように見えてきます。森を歩いている感覚に、 ^ ^

グエル邸の屋上の煙突は、一つも同じものがありません。

屋上 グエル邸

デザインが全て違いますね。

屋上 グエル邸

この塔は中央サロンの明かり窓だそうです。

見上げたら飛行機雲が交差していました : )

屋上 グエル邸

この塔、先端にはギリシャ十字とコウモリをモチーフにした避雷針があります。

コウモリは、アラゴン王国時代には ”幸運を運ぶ” と言われていたとか。

このコウモリの部分は風見鶏の役割を果たします。

サロン

ホール グエル邸

こちらが中央サロンです。
見上げると小さな穴から光が入ってきて、星空のように見えます。

ドームになった天井は、音響を考えてコンサートホールのように作られているそうです。

二階から四階まで吹き抜けになっていて、三階の窓からも覗くことができますよ。

30分ごとに実際に音楽が流れるので、ぜひ聞いてみてください。

三階

グエル邸

この窓からは、中央サロンを見下ろすことができます。

こうして見るとこの窓のデザイン、少し「和」を感じませんか?笑

グエル邸

鏡台などをのぞいて、他のほとんどの家具はフランセスク・ビダル・イ・ヘベリというデザイナーが設計したそうです。

建物と一体化しているような家具はガウディでしょうが。

グエル邸 天井

グエル邸の天井は、全てとても凝ったデザインで飽きないです。

グエル邸 絵画

暖炉の上に飾られている絵。

描かれているのはハンガリーの聖エリザベートだそうです。

地下

グエル邸 地下

地下は馬車をひく馬のための厩舎でした。

ガウディはこの場所を森をイメージして設計したそうです。

匂いがこもらないように匂いを屋上へ逃す工夫もしてあります。

グエル邸 地下

こちらは、かつて馬を繋いでいた鎖だそうです。

伯爵の家は馬の鎖までこんなにおしゃれなのですね()

まとめ

グエル邸の窓

グエル邸には、他にもたくさんの部屋と見所があります。
写真が撮れていなかったので載せませんが、当時のグエル一家の暮らしが分かる部屋もたくさんありました。

グエル邸は所謂高級住宅街ではなく、どちらかというと貧しい人々の暮らす通りに建っています。
ガウディは土地の広さがないぶん縦の空間を利用して、この豪華な邸宅を設計しました。

カサミラやカサバトリョのようなガウディ・ワールド感(?)はないですが、豪華絢爛さや使われている素材の質などでは、他に負けないのではないでしょうか。
細部までこだわり、グエル一家への細かい気遣いや、ガウディ自身の魅力がたくさん詰まっていてとても見応えがあります。

 

時間帯のせいかもしれませんが、他のガウディ関連の観光地より比較的観光客が少なかったので、ゆっくり鑑賞できました。

このあとは、サンタ・エウラリア大聖堂へ行きます^ ^

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました