女性の節句だった!本来の端午の節句とは?

こいのぼり 文化
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

端午の節句とは?

菖蒲の花

歴史

端午の節句は飛鳥時代からある風習です。

悪い気を祓うための行事で、奈良・平安時代の宮廷ではよもぎや菖蒲の花を飾ったり、菖蒲の葉で薬玉を作ったりしました。

このように菖蒲を厄払いに使うことから、「菖蒲の節句」とも呼ばれるようになります。

鎌倉時代には、武家が「菖蒲(しょうぶ)」を「尚武(しょうぶ)」と重ね、男の子の健康や出世を祝う行事として、男の子に兜などを贈る風習が生まれました。

江戸時代にもなると、とても大事な行事となって民間にも広がり、この時町人によって「こいのぼり」が生まれます。

明治時代になるとこの行事は廃止されますが、復活して現在も主要な行事となっていますね。

もともとは女性の節句!

田植え

しかし端午の節句は、武家によって「男の子の行事」となる前は、「女性の行事」でした。

5月は田植えの月であり、田植えは女性の仕事です。

いわゆる「早乙女」と呼ばれる田植えをする女性たちは、田植えの前に屋内にこもり身の穢れを祓いました。

田植えの前に悪い気を祓う、女性の厄払いの行事であったのですね。

ちなみに中国にも、5月は「悪月」とされ菖蒲やよもぎで厄払いをする行事があります。

韓国にも「端午の節句」は厄払いの行事があるそうですよ。

端午の節句はいつ?

こいのぼり

現在は「子どもの日」である5月5日ですが、本来の端午の節句は5月の最初の午の日でした。

端午の「端」という字は「始め」を表します。

端(はし)の牛(うま)の日ということですね。

旧暦なので、現在の3月頃になります。

「午」と「五」が同じ音であることから、5月5日になったようですよ。

今も残る風習

ちまき

明治時代に一度廃止されたにも関わらず、人々に根付いている「端午の節句」は復活し今も全国で祝われています。

地域によって違いますが、「こいのぼり」や「五月人形」を飾ったり柏餅やちまきを食べますね。

「端午の節句」は1000年以上の歴史の中で形が変わり続けていますが、

人の健康や幸せを祈る行事であることは変わらないようです^ ^

今年の端午の節句まで、あと3日ですね。

「端午の節句」に欠かせない「鯉のぼり」についてはこちらの記事に詳しく書いてありますので、宜しければどうぞ ^ ^ ↓

こいのぼりは中国からやってきた
鯉のぼりとは?鯉の滝登りこいのぼりは、江戸時代に町人によって生まれたものです。当時端午の節句には玄関などに幟(のぼり)を飾る習慣があり、ある時その幟に「登竜門」にあやかって「鯉」を飾った人がいたそう。それがうけて広まったのですね...

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


高校生ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました