day8. 高山をお散歩。花がもつ本来の力

長野の山奥生活2ヶ月半

こんにちは、

今日は長野生活8日目です。

 

実は今日は、仕事が始まってから2回目の休日で、

昨日も休日だったのですが、一歩も外に出ずにぐうたらしていました^^;

 

ずっとお散歩に行きたかったので、今日は野山をぶらぶらしてみます。

周りの自然がすごく綺麗で、仕事中窓の外を見ては、散歩に行きたいと思っていました:)

山の道。なんだかPEIでもこんな道を散歩したな。

ちょうど一年前だ。

 

このあたりによく咲いている黄色い花です。タンポポに似てるけど、名前が分かりません、、。

調べたらたぶん「ブタナ」という花でした。

小さくて可愛らしい花です。

こちらはニッコウキスゲ(たぶん)。

禅庭花(ゼンテイカ)とも呼ばれるみたいです。

なんだか図鑑で見たことあるようなないような。

これは私にも分かります^ ^

紫詰草(ムラサキツメクサ)。

ちょうど蜂が飛んできました。

じっと見ていると今度は蟻が。

大人気のクローバーです。

甘いんでしょうか。

長野にきて感じるんですが、自然に咲く花って本当にパワフルです。

綺麗で力強くて、花ってこんな風に咲くんだって感動します,,

街の公園や道端に咲いている花や、花屋さんで売っている花とは、比べ物にならないくらいのエネルギーを感じますよ。

これは、、たぶんあやめ?

花しょうぶとあやめと杜若の違いが分からない^^;

ハッとするほど綺麗な紫色です。

自然な色の美しさ:)

今まで野生に咲いているあやめを見たことがなかったので、すごく綺麗に咲いていてびっくりしています。

花には癒しのエネルギーがあるってよく言いますよね。

これ実は今まであまり実感したことがなかったんですが、ここにきてすごくよく分かります。

花ってすごいパワーがある。

きっとこれが花のもつ本来の力なのでしょうね。

人の手で咲かせられた花も綺麗ですが、

山の中で自然に咲く花には、ただ人を楽しませるのが花ではなく、人と同じ生物であり、命を持っているものなんだと感じさせるものがあります。

 

写真では伝わらないかもしれませんが、

花屋さんの花とは、野生動物とペットくらい違うんです。

そして花それぞれに違う個性があるんです。

しかもどんな形でも、どんな瞬間でも美しい。

というわけで、自然を楽しんだ休日でした。

帰り道では、四つ葉のクローバーを2つ発見。

写真左上に5つ葉のクローバーも映ってるの気づきましたか?:)

 


高校生ランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました